代表あいさつ


持続可能な社会を形成すべく、環境、エネルギー分野の取組みが日に日に高まっています。SDGsによる取組み、ESG投資活動、RE100などは一例です。

我が国は、2013年を基準に2030年で温室効果ガスを26%削減することを世界に宣言しています。化石燃料を中心としたエネルギー電源構成を、再生可能エネルギーを極力取り入れたベストミックスな電源構成に転換していかなければなりません。再生可能エネルギーを主とした電気エネルギーの地産地消を推進し、新しい分散エネルギーサービスを構築していきたいと思っています。

また再生可能エネルギーを最大限利用するために電力源を分散化しても人々の生活に悪影響を及ぼさないような電力供給方法を考えていかなければなりません。必要になってくるのは、適切かつ先進的なエネルギーのシステムです。エネルギーマネジメントシステム(EMS)の開発を通して、再生可能エネルギー利用の極大化を実現していきたい、そう考えています。目指すは地域のGreen City Innovator。地域電力網のプラットフォーマーになることの意味を込めます。

EMS(エネルギーマネジメントシステム)を開発していくにあたり電力の流れを可視化していくことが今後必要不可欠になります。EMSと真証性を担保できる仕組みと評されるブロックチェーン技術を融合させていくことでその実現に向けた挑戦を始めます。これら次世代EMS構築で新分散エネルギーサービスの普及に邁進していく所存です。

ご支援のほどよろしくお願い申し上げますとともに、我々の活動にご興味がある方、一緒に歩を進めて参りましょう。

 

株式会社JWAT WAVE 代表取締役社長

 

矢部 浩幸